So-net無料ブログ作成
検索選択

1/12 R2-D2 もやっぱりすごかった [プラモデル]

r2d2.jpg

バンダイプラモデル 1/12 R2-D2 。
フルメッキ仕様の C-3PO を組み立ててみたところ、
あまりにも良く出来ていたため、並べざるを得ないと、
手に入れていたのをようやく組み立てました。

とりあえずシルバーのみ塗って、シールは完成後には貼れない、
スリット下のブルーのシールのみ貼っています。

シルバーのみ塗っているということは、
この時点でブルー部分は塗っていないのにここまで再現できているということです。
これはこれで、恐ろしい。
ムチャクチャ親切設計です。

あとはエナメル塗料の黒でレンズの外側のリングなんかを塗って、
シールを貼れば、おおよそ完成です。

頭頂部のブルーの扇形のパーツがポロポロ落ちます。
両面テープででも留めたほうがいいかと思います。
接着してしまうと潜望鏡パーツに交換できなくなってしまいます。


実は元々、このR2というキャラクターをあまり好きではありません。
それが、なかなか組み立てなかった一つ目の理由でもあり、
すぐに買わなかった理由でもあります。

スターウォーズの世界では猫も杓子(しゃくし)も、そこそこの宇宙人が
ほとんど英語を話すと言うのに、こいつはメインキャラのクセに
何をしゃべっているのかさっぱり分からない。
クピピ クペポー、とほぼガッちゃん状態(Dr.スランプ←知らんかぁ(汗))。
そしてルークやレイアには尻尾を振るくせに、
3POに対しては、相手をバカにしているのかやたらと冷たい。

バカにするなら、英語くらい話しやがれ!!
とも思ったりするのですが、普通に話してしまったら、キャラが成り立ちにくいことも承知です。
普通に話すことができたならば、ただのアナライザー(宇宙戦艦ヤマト)です。
それほど私が毛嫌いしているのかと言えば、
ちょっと大げさに書いてしまったことを反省していたりもします。

ただ、組み立ててみて、この無機質な金属のカタマリを
ちょっと好きになってしまったことも事実です。

胴体の前後はほぼ同じレイアウトになっており、
効率を考慮し同じ型から抜かれたであろう事を想像すると、
非常に工業デザインらしい感じがします。

彼を組み立てなかったもうひとつの理由は
シルバー部分はどうしても塗装せざるを得ないので、
ただ単に面倒だった、時間がなかったということです。

成形色のシルバーはどうしても安っぽく金属っぽくは見えません。

最近は筆による部分塗装しかしていなかったので、
寒い中、南北の窓を開けっ放しにしてエアブラシ塗装するのが
ただただイヤだったわけです。

シルバーのランナーのまま、まるごとエアブラシをかけようかと
思ったのですが、頭部だけはボリュームがあるため、ランナーが邪魔で
塗料がまわらない可能性があったのと、ランナーとの切断面の処理が
後々面倒になりそうだったので、仮組みした頭部と残りのシルバーのランナー状態
の2種に分けて塗装しました。

手持ちのGXホワイトシルバーはアルミっぽいので、もうちょっと重量感が出るように
Mr.カラー シルバーを少量混ぜました。
おそらくGXラフシルバーがあれば、混色せずとも事足りる気がしますので、
覚えていたら、今度買います。

塗膜の保護とちょっとつやが出ないかなんて思いながら、
スーパークリアⅢに、皿に残った混色シルバーを、もったいないからと混ぜて
コーティングしてみました。

なんとなくいい感じになりましたが、
R2は、汚れているのが好きな人もいるでしょうし、
ピカピカが好きな人もいるのでしょう。

私はどっちでもいいので、
塗装の失敗をウェザリングです、わざとです、と言っておくことにします。

r2d22.jpg

三本目の補助足を出すには頭部を外して、上から押し出す必要があります。

頭頂部はポロリがひどいですが、他のパネルははめ込みだけですが全く落ちません。
パネル内も塗らなければならないことを完全に忘れていました。
背面もセンターのパネルが一枚だけ外れます。

R5-D4は、さらに思い入れがないので、いつ仕上がるか全く分かりません。
この頭部デザインってどうなんでしょうね。
やっつけ仕事のデザインでやる気なさすぎじゃないですか?




















nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: