So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤフオク システム利用料など再確認してみる [関係ない話]

ヤフーオークションは以前は全て無料だったんですけどね~。

他社のオークションよりも浸透して、皆いなくなって一人勝ちしたかと思ったら
有料に切替、その後もサービス向上のためという理由で
月額利用料もじわじわと上げています。

気が付けば、放っておいても月額500円ほどが自動的に徴収されるシステムになっていました。
まあ無料で開放しろというほうが無理難題なのは分かりますし、
今のところ、やっぱりここが一番にぎわっているんですねぇ。

ひどくややこしい徴収システムになってしまったので、
もう一度再認識、確認する意味でも(自分のために)まとめてみました。

以下、金額は全て税込みにて表記しています。


入札落札 無料
中古車新車、オートバイ車体、トラック車体、バス車体、

不動産などは手数料がかかる)

出品

出品月額使用料
プレミアム会員費 498円 (税込)オークション出品(入札制)する場合必要
Yahoo!かんたん決済の設定が必須(2017年2月1日(水)以降)
Yahoo!かんたん決済=落札者に口座番号を知らせることなく代金受取、決済手数料が無料

出品システム利用料 0円←以前は10円+消費税 (中古車・新車などの一部カ

テゴリ以外)
 出品システム利用料、オプション利用料は月末完了分を当月分として計算

●フリマ出品
(定額商品の出品機能)のみの場合は無料
フリマ出品の落札システム利用料 プレミアム会員 8.64% 会員以外 10%=メルカリと同じ(らしい)
●オークション出品の落札システム使用料 
送料無料の場合 8.64%(中古車・新車などの一部カテゴリ以外)

送料有料の場合 625円以上: 8.64%
        624円以下: 一律54円(625円での落札時と同額負担)
ただし
・本、雑誌
・コミック、アニメグッズ
・おもちゃ、ゲーム > ゲーム
・おもちゃ、ゲーム > 食玩、おまけ
・アンティーク、コレクション > トレーディングカード
・アンティーク、コレクション > 切手、官製はがき
・音楽 > CD
・ファッション > キッズベビーファッション
・ホビー、カルチャー > ハンドクラフト、手工芸
などもともと安価な商品については、624円以下のオークションの場合も落札価格の8.64%

落札者がキャンセルしたなど、実際に取引ができなかった場合は、
落札システム利用料が確定する前に落札者を削除すること。
削除しないまま確定すると、取引の有無に関係なく
落札システム利用料がかかる。(落札システム利用料等 計算期間 前月16日~当月15日)
→確定が月末なので少なくとも削除処理猶予は半月ほどある
プレ会員費引落日: 月末確定 翌月請求 毎月26日(休日の場合は翌営業日)

出品取消システム利用料
1出品あたり540円(税込) 入札があるオークションを取り消す場合
(入札のないオークションを取り消す場合はかからない)

2017年3月16日(木)午前0時00分以降に終了したオークションより変更される事項
①商品代金(落札価格と送料の総額)から落札システム利用料(落札価格の

 8.64%(税込))を差し引いた金額がYahoo!かんたん決済受取口座に振込み

②落札金額が624円以下で送料有料の場合も、落札システム利用料 8.64%に変更


ストームトルーパー サムライバージョン [プラモデル]

samurai05.jpg

粘土工作のカテゴリーで作った頭部を
バンダイの 1/12 ストームトルーパーに乗せるとこんな感じです。

手に持っているのは食玩エフトイズ「名刀百華」の1/8スケールの刀です。
ちょっと名の知れた「和泉守兼定」だそうです。
ホビーオフでバラ買いしてきました。
握りこぶしに適当に穴を開けて、刀を持てるようにしています。
鍔(つば)を作ってやらないと、見た目が寂しいばかりか、
本物ならば自分の手が切れてしまいます。

samurai08.jpg

左手は握り手が付属していないので、とりあえず平手で代用。

上の子には「ポニーテールのただのおっさんやん」と言われました。



ストームトルーパー用 侍風頭部 3 [粘土工作]

samurai04.jpg

年が明けて、友人に会って、スターウォーズ ローグ・ワンをすでに観たなんて話を聞いて
なんだか無性に観たくなって、平日のレイトショーで観た結果がこれです。

出てきた座頭市キャラの影響で、サムライの頭部をMr.クレイをこねて削って作っています。
何とか形になって、早く完成させたい一心で表面仕上げとか細かいことは無視して塗装してしまいました。

水性アクリジョンで下塗りした後
アクリルガッシュで重ね塗り。
点で色を置いて置く感じでペタペタ。
さらに指でこすって色をなじませて。
ヒタイに三つ、そして左マブタと鼻の下にそれぞれ一つ、小さな穴が開いていることに写真を撮って気が付きました。
このくらいならばアクリル絵の具で埋められます。
ちょっと劇画調に濃淡を付けすぎたかもしれません。

samurai09_front.jpg

今回は初挑戦で、目を描いてみました。
ぼんやり描いています。手探りです。
まあ、頭も20mmくらいの大きさのものなので、
とりあえずは、こんなもんで。

samurai09_right.jpg

最初、『一二の三四郎』のような目になってしまい、
何がいかんのだろうかと悩んだ結果、
瞳は上まぶたには接触させても下まぶたには接触させないほうが良さそうだと分かりました。
そして瞳は真っ黒に塗ったところ、全体から浮き出した感じがしたので、
解決するためにこげ茶に塗り、瞳のふちの部分だけ黒が残るようにしてみました。

本当は極細筆を使うべきなのだろうと思いながら、これでいいか、
もう少しいじってみるか、そんなことを考えながらも、とりあえずは形になっているような、いないような。










ストームトルーパー用 侍風頭部 2 [粘土工作]

samurai03-5.jpg

年が明けて、友人に会って、スターウォーズ ローグ・ワンをすでに観たなんて話を聞いて
なんだか無性に観たくなって、平日のレイトショーで観た結果がこれです。

出てきた座頭市キャラの影響で、サムライの頭部をMr.クレイをこねて削って作っています。
何とか形になって、早く完成させたい一心で表面仕上げとか細かいことは無視して塗装に進みます。

いつも出たとこ勝負で塗装をするので、前回どんな工程で塗ったかも
よく覚えていないので、今回はデータを少し残しておきます。

水性アクリジョンで下塗りしました。
使ったのは画像の2色。

肌の下地にペールグリーンを塗るといいとか、血管の赤みを出す為に赤でまだらに塗ったらいいとか
いろいろ聞いたりしますが、とりあえず、定番っぽい下地作りをしました。

日本人なんで、黄色っぽさを出したほうがいいし、
赤みを押さえよう、なんてことはちらっと考えていたりはします。




ストームトルーパー用 侍風頭部 1 [粘土工作]

samurai03.jpg

年が明けて、友人に会って、スターウォーズ ローグ・ワンをすでに観たなんて話を聞いて
なんだか無性に観たくなって、平日のレイトショーで観た結果がこれです。

samurai02.jpg

小さくて白くてなかなかピントが合っていません。
出てきた座頭市キャラの影響で、サムライの頭部をMr.クレイをこねて削って作っています。
この粘土は軽石のような感じでサクサク削れます。
また軽いので頭のように一番上に乗るようなものの工作に向いている気がします。

samurai01.jpg

近藤勇を細身にした感じ、もしくはルパンⅢ世の石川五右衛門のイメージで作りました。

問題はいつも「塗り」なんですけどね。




粘土で(?来年の?)干支、酉(鳥)みたいなものをこねる 2日目 [粘土工作]

chicken05.jpg

干支です。今年の。
頭部が出来たところで昨年末は力尽きました。

正月に100円ショップ セリアで見つけたロボットおもちゃ
何となくくっつけて、何となく満足してしまいました。

今はボディを、
戦車の冬季迷彩塗装のように
一部白っぽくペイントされていたりしますが、
それはまた別の機会に。

金屏風の前でせっかく年始っぽく撮ったので、また取り直すのが面倒くさかったりします。
『年始っぽく』って、もう2月ですけどね。