So-net無料ブログ作成
関係ない話 ブログトップ
前の10件 | -

今買った。 [関係ない話]

Amazon Echo Dot が本日23時59分まで25%引きの
1500円オフ、4480円だったので、今注文した。
明日が一般発売日らしい。

google home ではなく、こちらを選んだのは、すでにAmazonプライムの会員であること、
そして何よりも「アレクサ」から「コンピューター」へ呼びかけを変えられる点にある。

実は私自身は新スタートレックの1ファンだったりする。(トレッキーというほどではない)

ピカード艦長、かっこいいのである。
演じるパトリック・スチュアートがプロフェッサーXとして
Xmenで活躍したのは、私にとってはピカード艦長が復活したようで
とてもうれしいことだった。(すでに過去形)

明日届くのか、明後日届くのか、
ちょっと『未来のコンピューター』を使ってリポートでもしたいものだ。


nice!(2)  コメント(0) 

ムーミンマーケット2018@名古屋パルコ 寄ってきました [関係ない話]

moomin.jpg

一番好きなキャラクターは何かと聞かれたならば
おそらくムーミンと答えると思います。

moomin02.jpg
日本で言うところの妖怪であるムーミンの
何となく暗い、日常を描いた世界が好きだったりします。
トーベ・ヤンソンの線の細い寒々しいイラストがなぜか好きだったりします。

moomin03.jpg

塔のような家の中にもムーミンたちが居たりしました。

結局しおりを一枚買っただけだったんですけどね。




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マーベル展 レビューほどでもないですが [関係ない話]

名古屋市科学館特別展「マーベル展」行ってまいりました。

スターウォーズ展でのギリギリ最終日滑り込みを反省し、
まさかの初日訪問です。

ソー、ロキ、キャプテン・アメリカ、アイアンマン、アントマンなんかのコスチュームが
展示されていました。
実際に映像で動いていると細かい部分はあまり分からないのですが、
細部までよく作りこまれていることが分かりました。
写真が撮れれば、いいんですが...

スパイダーマンはニューコスチューム(?)の等身大モデルが飾ってあって、
全身のタイヤのようなモールドまで再現されていました。
なんと青い部分と赤い部分の凹凸の大きさが異なっていました。

あとはバストアップのコンセプトモデルとか、ホットトイズの1/6フィギュアなんかもありました。

初日で混雑するかと思いましたが、見たいものをその前で好きなだけ観ていられるような状態でした。

会場内は基本的に撮影禁止ですが、
歴代アイアンマン4体(あまり詳しくないのですがたぶんマーク1~4)とは写真が撮れます。
ただあの前に立って写真を撮ってもらうには非常に恥ずかしい状態です。

marvel02.jpg

こんなのとか

marvel01.jpg

こんなんとか

marvel03.jpg

ハルクの等身大モデルは、科学館入り口で入場料なしで一緒に写真が撮れます。
映画の中ではあれは完全CGなので、等身大像というのはあまりリアルな感じはなかったのですが、
とにかく人並み外れてでかいので迫力がありました。

特別展の隣の売店は入場制限されていて入るのに少し時間がかかりましたが、
特別展の入場券を持っていなくても入れるので、
科学館に寄られた方は、覗いてみてもいいでしょう。
ちなみに科学館外の売店でも少しマーベルがらみの商品が売られています。

私は特に欲しい物もなかったので、何も購入しませんでした。

3月17日から6月10日まで
一般1200円
高大生700円
小中生500円です。

高いか安いかは何を観たいかに寄るでしょう。
量を期待するよりも、本物をじっくり時間をかけて見たい人向けかとは思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ひつじのショーン展も行ってきた [関係ない話]

shawn.jpg

名古屋の松坂屋で行われているひつじのショーン展にも
家族と合流して行って来ました。

実際の撮影セットがいくつもあり、
たいへん見ごたえのある展示でした。

名前はひつじのショーン展とは言え、半分はウォレスとグルミットの展示です。

人形のセットとは言え、一軒家のステージはかなりの大きさです。
レストランなどは本当に大きい。

建物は木材でしっかりと建てられており、
これは趣味では出来ないな、
給料出てないと出来ないなとふと思ったりしました。

人形はレジン製と書かれていた気がします。
レジンというと硬いイメージがありますが
レジン=樹脂ですから、実は硬いとは限らず、どのような素材かは特定できません。

ひつじのショーンもしくはウォレスとグルミットが好きな人は
見て損のないイベントです。(今週末で終わりですけど)
松坂屋かパルコのクレジットカードがあると、
本人は半額になるということを知らなかったの持って行かなかった。
残念。

それから、やっぱりこっちも記念撮影場所以外は撮影禁止。

おみやげ売り場は会場外にありますので、
そちらを見てから興味があったら入場するなんてことも可能です。


スターウォーズ展に行ってきた [関係ない話]

sw exh.jpg

2日の日曜日に名古屋城にスターウォーズ展を見に行って来ました。

様々なアーティストのSWをイメージする絵画が
メインなのかもしれませんが、そんなものに興味はありません。
私がどうしても見たかったのは、映画で実際に使用された小道具とかコスチュームとかだけなのです。

ダースベイダーの3分割されたヘルメット
ダースベイダー
ストームトルーパー
C-3PO
R2-D2
オビ・ワン・ケノービの衣装
ハン・ソロの衣装
ハンドガンの類などのプロップ
なんかが展示されていました。

ヨーダやボバ・フェットは「レプリカ」と書かれていましたが、
レプリカと名乗るのもどうかと思うほどのものでした。


今週末で終わるので、きっともう混雑は避けられないだろうとは思うのですが
午前中がおすすめです。

なんとか13時前に名古屋城にたどり着き、2Fの会場まで階段で
おそらく10~15分くらい並んだのですが
見終わって出てきたころには入場の列がズラズラッと並んでいました。
きっと私の倍以上の時間待たされるのだろうと想像しました。

入場料1800円はやっぱり高いのですが、それでも結構見たい人いるんだなぁと思いました。
逆に言えば、安かったらどれほど混雑するでしょう。

ストームトルーパーの両ホオのスリットは全くモールドがなくて完全にシールなのか、とか
肩の上のタスキは前身と一体になってるのか、
バキュームフォーム加工で出来ているだけあって、全体的にモールドがダルい、
肩の装甲が古くなったせいかひどく内側にカールしてるなあ、とか
そんなことを考えながらコスチュームの前でたった一人、
誰の目も気にせず、たたずむことが出来る人にはおすすめです。

残念ながら会場内、写真は全く取れません。

おみやげ売り場と、ベイダーとトルーパー(ストーム及びデス)を背景に記念撮影する場所は
会場外にあるので、城の入場料だけでOKです。


あとは完全に個人的なメモです。

1/6スケールのフィギュアを使用したジオラマ。
マーミット社から出ていたサンド・トルーパーなんかもいたな。
トーントーンのプロップモデル
ビークル(乗り物)系は
バンダイのプラモデルなんかも電飾して飾ってありました。
どろぼうひげ(電飾プラモでラー)さんの作品らしい。


画像は記念撮影の場所に飾られていたベイダーさんたち。
あとは撮影禁止。

sw exh1.jpg

これも記念撮影用のデス・トルーパー。
やっぱり関節部分はプラモデル同様、間延びしていますね。
中の人がでかいってことですね。



ヤフオク システム利用料など再確認してみる [関係ない話]

ヤフーオークションは以前は全て無料だったんですけどね~。

他社のオークションよりも浸透して、皆いなくなって一人勝ちしたかと思ったら
有料に切替、その後もサービス向上のためという理由で
月額利用料もじわじわと上げています。

気が付けば、放っておいても月額500円ほどが自動的に徴収されるシステムになっていました。
まあ無料で開放しろというほうが無理難題なのは分かりますし、
今のところ、やっぱりここが一番にぎわっているんですねぇ。

ひどくややこしい徴収システムになってしまったので、
もう一度再認識、確認する意味でも(自分のために)まとめてみました。

以下、金額は全て税込みにて表記しています。


入札落札 無料
(中古車・新車、オートバイ車体、トラック車体、バス車体、

不動産などは手数料がかかる)

出品

出品月額使用料
プレミアム会員費 498円 (税込)オークション出品(入札制)する場合必要
Yahoo!かんたん決済の設定が必須(2017年2月1日(水)以降)
Yahoo!かんたん決済=落札者に口座番号を知らせることなく代金受取、決済手数料が無料

出品システム利用料 0円←以前は10円+消費税 (中古車・新車などの一部カ

テゴリ以外)
 出品システム利用料、オプション利用料は月末完了分を当月分として計算

●フリマ出品
(定額商品の出品機能)のみの場合は無料
フリマ出品の落札システム利用料 プレミアム会員 8.64% 会員以外 10%=メルカリと同じ(らしい)
●オークション出品の落札システム使用料 
送料無料の場合 8.64%(中古車・新車などの一部カテゴリ以外)

送料有料の場合 625円以上: 8.64%
        624円以下: 一律54円(625円での落札時と同額負担)
ただし
・本、雑誌
・コミック、アニメグッズ
・おもちゃ、ゲーム > ゲーム
・おもちゃ、ゲーム > 食玩、おまけ
・アンティーク、コレクション > トレーディングカード
・アンティーク、コレクション > 切手、官製はがき
・音楽 > CD
・ファッション > キッズ、ベビーファッション
・ホビー、カルチャー > ハンドクラフト、手工芸
などもともと安価な商品については、624円以下のオークションの場合も落札価格の8.64%

落札者がキャンセルしたなど、実際に取引ができなかった場合は、
落札システム利用料が確定する前に落札者を削除すること。
削除しないまま確定すると、取引の有無に関係なく
落札システム利用料がかかる。(落札システム利用料等 計算期間 前月16日~当月15日)
→確定が月末なので少なくとも削除処理猶予は半月ほどある
プレ会員費引落日: 月末確定 翌月請求 毎月26日(休日の場合は翌営業日)

出品取消システム利用料
1出品あたり540円(税込) 入札があるオークションを取り消す場合
(入札のないオークションを取り消す場合はかからない)

2017年3月16日(木)午前0時00分以降に終了したオークションより変更される事項
①商品代金(落札価格と送料の総額)から落札システム利用料(落札価格の

 8.64%(税込))を差し引いた金額がYahoo!かんたん決済受取口座に振込み

②落札金額が624円以下で送料有料の場合も、落札システム利用料 8.64%に変更


告別式の挨拶 [関係ない話]

母が他界した。

ガンだった。70才に3ヶ月ほど届かなかった。
見つかったときには手遅れだった。
それでも、やれるだけの治療はした。
一番つらかったのは私なんかじゃなく、やっぱり母だったと思う。

告別式で喪主として、私が挨拶をした。
こんなにも早く、自分が喪主を務めなければならないことが
訪れるとは。
もちろん、親の死を避けて通れないことは、分かっていたのだけれども。

以下はそのときの挨拶。
メモを持っていて良かった。
何とか声を張り上げて、文字を追うことで
最後まであいさつをすることが出来た。

*     *     *     *     *

本日はお忙しい中、母のために
お集まりいただき、本当にありがとうございます。

健康が自慢の母でしたが、
一昨年の6月にガンを告知され、
それから1年と8ヶ月ほどでこの世を去ることになりました。

今年の元日は初詣に行き、
めずらしく込み合った護国神社で20分ほど並んだのではないか
と思います。
天候が良かったとは言え、
あまり日当たりの良い場所ではありませんでしたが、
しゃがみこむこともなく、参拝を済ませ
お昼はコメダ珈琲でエビフライを食べ、
全く弱っている様子を見せませんでした。

翌日もスキヤキと、寿司を6貫も食べ、
予想以上の食欲に周りを驚かせ、
そのときは誰も
2ヶ月後の今日の日を迎えるとは、
夢にも思いませんでした。

昨年12月に病院の先生に、
「行きたいところや、やりたいことはありませんか」
と聞かれ、
少し間を置いて「ありません」と母は答えました。

突然の質問に、答えを思いつかなかったのかもしれませんし、
自分の体力的に無理だと思ったのかもしれません。

でも最近は、本当になかったのかもしれないと思えてきました。

残念ながら、母は長生きは出来ませんでしたが、
充実した人生を送ることができたのではないかと思えてきました。

これもひとえに、母の人生に関わってこられた皆様のおかげかと思います。

長生きするはずだった母が居なくなり寂しくなりますが、
皆で力を合わせ、早く日常に戻れるようつとめたいと思いますので
母なき後も、引き続き、ご指導よろしくお願い致します。

本日は本当にありがとうございました。

*     *     *     *     *

    ここのところ、ブログを書けなかったのはそんな理由です。
    あまり読んでいる人が気落ちするような内容は書きたくなかったのですが、    
    もう一回ほど母のことについて書いて、
    自分の気持ちを整理したら、
    ぼちぼちと再開して行きたいと思っています。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2つのクラフト系マーケットフェア [関係ない話]

craftfair.jpg

シルバーウィーク中に2つのイベントに寄ってきました。
アニマルクリエイターズカーニバル2とGIFUクラフトフェア14th。

前者は動物をモチーフとした作品が中心で
おおよそ出品者も来場者も、動物好きということで、
アットホームな雰囲気がありました。

後者は何でもありですが、陶芸、鋳造(ちゅうぞう)、ガラス細工など
工芸的な技術を用いた物も多いのが特徴で
今回はいつもの倍の4日間の開催の上、毎日200ブースということで
一周するのすら大変でした。

個人的にはほとんど買い物はしませんが、
あ、これ作ろ!とか、このアイディアは使えるとか
そんなことを考えながら見るのが好きなんです。








ミスタードーナッツと言えば [関係ない話]

mr_donuts.jpg

私にとってはこれなんです。

なぜか我が家の棚にあった皿の絵柄です。
どうしてこのキャラクターやめちゃったんでしょうね。

ハロウィン風のモンスター達。
カエルっぽいモンスターが一番のお気に入りです。

セットメニューにこのフィギュア付けてもらえませんか?
ドーナツが小さくなった代わりに。







『鹿の王』読んでみた [関係ない話]

sikanoo.jpg

前々から読みたいと思っていたのだけれども、
お金を出して買うつもりはないし、
図書館は予約でいつ回ってくるか分からないようだし、
知り合いも誰も持っていないようだったので、
あきらめていました。

するとひょっこりと、上の子が学校の図書館から
借りてきました。

おおよそ表紙の狼のイラストに心ひかれただけで
借りてきただろうことは間違いないでしょうが、
親子そろって読みたいものが同じとは...

小学生の読み物としてはちょっと難しい気もしますが、
県図書館でも児童文学扱いのようです。

架空の国々が登場する、中世以前っぽい時代背景のお話なのですが、
支配する側とされる側、
いわゆる『西洋医学』の道を歩む側と、神に与えられた運命を信じる側、
対立と調和と言った様々な相対する立場から物語が語られています。

岩塩鉱の謎の大量死で、なぜか生き残ったヴァンと、
それを追う医師ホッサルの二人が主人公で、徐々に事件の謎が明かされ
その後の事件へと展開していきます。
登場人物のそれぞれの思惑と策略が入り混じり、白と黒とをはっきりと区分できない部分、
いわゆるグレーの部分を作り出していて、それがファンタジーの中でとても現実的です。

お話は、おもしろかったと一言で片付けるにはもったいない出来かと思うのですが、
気になった点が2点。
「踵(きびす)を返す」と言う表現が多いこと。
そして主要人物にはほとんど「通り名」があることが
少し気になりました。

「踵を返す」と言うのは=かかと(踵)の向きを返す=向きを変えて戻るという意味で、
おそらく古臭い中世っぽさをかもし出したかったのかと思いますし、
上下関係が厳しい時代である感じもします。

「通り名」というのはあれです。
シャア・アズナブル=「赤い彗星」ってやつです。
例えば登場するのは「欠け角のヴァン」「魔神のおちご」「アカファ王の網」「アカファ王の懐刀」等々。

読む側からすれば通り名があることは、
その人物を把握するのに手っ取り早いのですが、
そんなに通り名が付いているとありがた味がないというか、安っぽい感じさえも受けてしまいます。

私は、本を読むことは嫌いではなく、時間さえあればもっとたくさん手に取って読みたいのですが、
はっきり言って、登場人物の名前を覚えることが出来ません。
日本人の名前でも、外国人の名前でも、架空の人間というのは苦手です。

読み終えてしまえば、覚えた登場人物の名前は
全く意味のないデータになってしまうので
脳が覚えることを拒絶するのです。
(単に記憶力がないことの言い訳です。)

今回はB4用紙よりも大きな紙に登場人物の名前を中心に
相関図をなぐり書きしながら読み進めました。
カンニングペーパーを書いているおかげで、名前を覚える必要が全くなく、
非常にスムーズにページをめくり進めることができました。
次からもこの方法で行きます。

ラストは劇的、というか、まさにステージ上での劇の終わり方のようで、
ステージの両端から幕が引かれ、観客の拍手まで聞こえてきそうな終わり方です。
これには賛否両論あるかと思いますが、
いろいろと他のラストパターンを想像してみると、
そう終わる他はなかった、ベストな選択だったのかなとも思うわけです。

あまりあらすじを書いてしまうとこれから読もうという方に申し訳ありませんし、
心に残った言葉をふたつだけ、自分の覚えに書いて締めくくろうと思います。
どこで出てくるか、誰の言葉であるかは、読んでみてのお楽しみです。

(人生とは)
神の掌に描かれた運命のように見える
その中でもがくことこそが多分生きるということ


人と言うのは哀しいもので
なにをやっても、どこかに悔いが残るもんだ



結局、上の子は借りてきただけで読みませんでしたけどね。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 関係ない話 ブログトップ