So-net無料ブログ作成

小次郎死す (ポリプテルスですけどね) [ペット]

nimo.jpg

26日、昼前に小次郎(コジロウ)が水槽の底に沈んでいるのを発見した。
(小次郎はポリプテルス・セネガルスというお魚です。)

体は曲がり完全に死後硬直していた。

実はしばらく前から、小次郎は誰かに体の一部をかじられており
その部分が異常に腫れあがり、白い魚肉も露出していた。

この状態でも生きていられるものなのかと
痛々しく感じていた。

小次郎は、タンクメイト(水槽の仲間)に武蔵がいること、
長老であること、水槽の中のポリプテルスの中で一番小さいことから
改名された。

改名する前はタツという名前だった。
片ヒレがすぐ欠けるので愛称はニモ。
タツからコジロウに改名したけど、愛称はニモというややこしい魚。

小さいのは、長い間40cm水槽で飼育されていたからで、
シリケンイモリのタンクメイトとして180円で2012年の1月8日にやってきた。

5年3ヶ月ほど我が家の台所当番をしていたことになる。
その間に他の魚達は皆入れ替わり、彼のやってきたことを覚えている魚はいない。

ポリプテルスにもいろいろと種類があって、
我が家ではセネガルス(小次郎)とデルヘジ(大和と武蔵)とエンドリケリ(源次郎信繁=幸村)が同居している。

デルヘジの大和(ヤマト)と武蔵(ムサシ)はおとなしい気がするので、
小次郎を傷つけた犯人はエンドリケリの源次郎信繁(幸村)が
怪しいと勝手ににらんでいるが、証拠はない。

小次郎が武蔵にやられたのであれば、史実通りだが、
デルヘジよりもエンドリケリのほうが気が荒いとモノの本には書かれている。

ちなみ源次郎は昨年1月11日にやってきた。
名前はその年の大河ドラマ「真田丸」にちなんでいる。
しかし、幸村感も、堺雅人感も全くない。


画像は2014年7月2日のもの。
右のヒレがやっぱりないニモ状態。

小次郎は我が家の試験的で挑戦的な水槽レイアウトに
5年間付き合って生き延びてきたので、
魚と言えども、やはり少しさみしいものだ。

ご冥福をお祈りする。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

成り行きでカイコ飼育しています [ペット]

silkmate.jpg

昨年、夏にいただいた蚕の成虫数ペアから生まれた卵がかえりまして、
成り行き上、飼育をしています。

3mmほどのか細い幼虫を何匹も見つけたとき、
そんなもん、レタスの葉っぱでもやっとけ、と軽く言い放ち、
実際にレタスを入れて放置されていたのですが、
あまり食べた様子がない。
ネットで調べて基本的に桑の葉しか食べないことを知り、絶句。

とりあえず西洋タンポポの葉は食べるらしいと言う疑わしい情報を頼りに
与えてみたり。。
確かにイヤイヤながらか、食べたのですが、絶対的に量が足りないし、
健やかに育つかどうかももちろん怪しい。

結局シルクメイトという桑の葉を人工的に固めたエサを買って与えています。
クワノハがフランクフルトのような形に加工されています。

これもすぐに欲しいし、安く欲しいしと最初は大変でしたが、
今は、おそらくネット上最安値と思われる、『里山のクラフト便り』さんから購入しています。
2016年6月現在、一本(500g) 756円です。
これに加えて送料(地域別)と代引き手数料(324円)がかかります。
3本まとめて買いました。家族に
「一人800円な。」と言ってありますが、いまだに誰からも回収はできていません。

至急の発送が出来ないこと(ご注文から最短で3日前後以降からの配達とあります)、
支払いが代引きしか出来ないことが残念ですが、
大幅な最安値であることは間違いなさそうです。

何匹かは成虫にして次世代につなげてみます。
何匹かはシルク糸を取りたいと下の子が言っています。(←マユの状態でゆでちゃいます)
それにしても幼虫の数が多すぎる。
数えてはいないものの、200匹とか居るんだろうか?
6月12日にこんな状態です。

silkwarm_160612.jpg

蚕の幼虫はシルクワームとも呼ばれ、栄養価が高いらしく、
爬虫類や魚類のエサとしても利用されているので、
我が家のニホントカゲやポリプテルスにも喜んでもらおう。

(本当かどうか分からないけれども、終令幼虫はシルクの糸を体内に持っているので、
エサにしないほうがいいとか。)

最初はエサにされるのを嫌がっていた下の子も、
さすがに数が多すぎるだろうと思ったのか、
自らの手でつかんで、トカゲにやるようになりました。


ちなみに桑の葉自体は、青汁の原料にもなっているようだし、
人間の体にもちょっといい成分が入っているようです。
ハムのようにカッターでスライスして与えているのですが、
少し食べてみようかなという誘惑に負けそうなくらい、
すがすがしくおいしそうな香りがします。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

カエルの変態 [ペット]

kaeru2015a.jpg

何か、カエルの変態なんて書いていると、
この漢字で合ってんのかなぁと少し躊躇(ちゅうちょ)したりします。

後足が生えてきて、さらに前足も出ようとしています。
前足の付け根に当たる部分がふくらんできています。
頭部も少し形が変わってきています。

kaeru2015b.jpg

前足が出ています。
頭の形も随分と変わってきています。

kaeru2015c.jpg

尻尾がまだ残っていますが、
それ以外はほぼカエルです。

kaeru2015d.jpg

で、これ何ガエル?
ウシガエルかなぁ。
もしかして、ヒキガエル?

追記 10/17に採集地に返した後足の出たおたまじゃくしを除いて10/27に全滅しました。
あまりエサとして与えたミミズやレッドローチを食べなかった印象があります。
もしかしたら、水替えをもっと頻繁にするべきだったのかもしれません。
以前飼育していたヌマガエルやトノサマガエルのようにうまく飼育できなかったのは
残念です。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

おたまじゃくしがカエルになりました [ペット]

kaeru201501.jpg

カエルになりました。
おしりからニュルンと出ているのは、しっぽです。
う〇こではありません。

9月13日に続いて20日にも
上の子が田んぼで捕獲してきました。

bakeneko.jpg

そしてそれをしつこく狙う、我が家のバケネコ。
カエルはすぐに水に飛び込むし、ネコは濡れるのを嫌がるしで、
どう考えてもカエルのほうが有利な戦いです。



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

スーパーウズラ [ペット]

「スーパーのうずらの卵に有精卵が混ざっていて、
暖めると孵る(かえる)ことがあるらしいよ。」

そういう話を上の子(小6)にしたところ、
すぐにその気になったらしく、
うずらの卵10個/1パックを買ってきました。

もちろん、こちらは不意打ちで暖める準備など出来ていないので、
最初に思いついた方法は

uzura00.jpg

ネコに暖めさせる...
30分もしないうちに1個が割れました。
思った以上にヤワなものです。

uzura.jpg

そこで冬季に、トカゲのエサ虫の保温に使用している
ピタリ適温(丸小)をプラケース外側に貼り付け、
羊毛フェルトを敷き、ダンボールで壁を作りました。
このあたりで、もう一個割れていることに気が付きました。
温度計で計測したところ、40度を超え少し熱かったので、
さらにダンボールを一枚敷きました。
ウズラは結構体温が高いようで39度が目標です。

ピタリ適温は40~45度をヒーターがキープできるように
設計されているようで、
値段が安く、サイズ豊富な上に電気使用量が少ないのが売りです。



今年はもう一回り大きいピタリ適温プラス 1号を買い足そうかと考えています。
(エサ虫が増えたため...)



uzura02.jpg

あとはさらに羊毛フェルトを乗せ、ダンボールでフタをしたら完成です。

6時間に一回は上下を入れ替えたほうがいいようです。
卵の上下が分かりやすいように違う色のマジックで色を付けてみました。
ちなみに有精卵が混ざっている確率はおおよそ一割とか。

暖めて一週間ほどしたら、暗闇で懐中電灯の明かりを直に当てると血管が見えるらしいのですが、
あまりそれっぽいものは見えていません。
(9/13に暖め始めました。)
全体にグリーンっぽく見えたら、はずれの無精卵だそうです。
卵のいくつかはもろにグリーンに見えました。


どうやら失敗の可能性が高いのですが、
孵ったとして、どうするんだ? っていう話です。






追記 10/5 に今回の卵は全てダメだということで廃棄しました。
特に匂いなどはありませんでした。





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

9月12日 田んぼの用水路での収穫 [ペット]

otama.jpg

田んぼの用水路で、
上の子(小6)がタモを振り回し、
おたまじゃくし3匹を捕まえました。

結構、素早かったのに良く捕まえたなぁと感心し切りです。

2匹はすでに後足が生えています。
おそらく一週間以内に前足が生えてきます。
子供達はカエルの変態(何か誤解されそうですが)を見たことがないので、
楽しみです。

結構深いところを泳いでいたので、
トノサマガエルかツチガエル、もしくはヌマガエルらしいです。

  トノサマガエル希望です。

kadayasi.jpg

あとは、おそらくメダカではなくカダヤシかと思われますが、
大小20匹ほど取れました。

水槽の中を泳ぐ姿をもう少し眺めていられるかと思っていたのですが、
一晩で全てポリプテルスの餌食となりました。

そんなわけでポリプテルスが暴れて、水がにごっているのです。
ピントも合わないわけです。



強い日差しに目を細め、
わんぱく(死語)にタモを一人振り回す上の子を眺めながら、
女にしておくのはもったいないなと心の中でつぶやきました。

たのもしすぎる...







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ニホントカゲ亡くなりました(ピパルク) [ペット]

pipa2015.jpg

6月1日(月)、ニホントカゲのピパルク(メス)が亡くなりました。
日曜は終日出かけていましたので、前日なのかもしれませんが。 
何の前触れもなく、突然、地上で伸びたように死んでいました。

画像は5月27日に産卵を確認した翌日に撮ったもの。
左側の腹の下に無精卵と思われる黄色い卵が確認できます。
背中の傷はおそらく交尾の時にオスのフラッシュに噛みつかれて付いた傷だろうと思われます。
(トカゲにはよくあることでメルには捕獲時からありました。)

トカゲが死んだら、骨格を抜いて標本を作ろうと思っていたのですが、
出来ませんでした。なんだかかわいそうで。

sinjin.jpg

上の画像は、以前も掲載しましたが、捕獲直後のピパルク。
今と比べると、かなりやせていたようです。
2012年の8月9日に近所の公園で捕獲して、3冬を越したピパルクは
トカゲながらも、やはりペットと呼べる存在だったのかもしれません。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

十字架を背負ったデルヘジの名前 (ペットの名前の付け方) [ペット]

yamato.jpg

ポリプテルス・デルヘジ君の額にはっきりと十字架模様が出ています。
なんとかクロスとか、なんとかロザリオとかそんな名前を
付けたいところ...だったのですが、

結局のところ、ヤマトという名前に落ち着いています。
白い戦士ヤマト(高橋よしひろ著)です。犬です。
ヒタイに十字のキズと言えば、上の子(小5)にはこれしか浮かばないようです。

ちなみに、そのヤマトと一緒に2013年12月14日に280円でやってきて
ヤマトと双子のように育ったセネガルスはムサシという名前になりました。
ヤマト→大和→戦艦大和と言えば、戦艦武蔵→ムサシです。

先に2012年1月8日にやってきていて、小さい水槽で飼育していたためか、
シリケンイモリの毒のせいか大きくなれなかったセネガルスは
コジロウという名前になりました。
ムサシ→武蔵→宮本武蔵と言えば、佐々木小次郎→コジロウ
小さいし、小ジロウでぴったりです。

だいたい我が家では、こんな風にペットの名前が決まっていきます。

いい名前が浮かぶまで、いつまでも名前が付けられないままで
放置されるのもいつものことです。

嫁さんはこの水槽の魚達を好きではないそうです。
つまらない色をしている、キレイじゃないという理由です。

古代魚のロマンが分からんのか!






nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

子ネコもらいました [ペット]

azuki01.jpg

3日目にしてヒザの上で眠るようになりました。

いろいろとあって、
知り合いから子ネコをもらいました。
7日にやってきました。

マンチカンと言えば短い足が特徴的なのですが、実は短足で産まれてくる子は少ない(2割とか)ようです。
この子も短毛マンチカン(短足)オスと長毛マンチカン(長足)メスの子供で、
ほぼ他の種の猫と足の長さは変わらないようです。

クロとアカ(茶)の毛のネコを錆びているような色柄からサビネコというらしいのですが、
少し白も入っているので、これは三毛猫というべきなのかもしれません。
サビ猫も三毛猫も、遺伝子異常がなければメスです。

保健所なんかも何度か電話して足も運んだのですが、
出どころのはっきりしたネコのほうが安心なのは確かです。

12月12日生まれなので、ちょうど2ヶ月目をすぎました。

個人的には
スラっとしてワイルドなソマリやアビシニアン、ベンガル、
ロシアンブルーと言ったところが好みなのですが、
長足短毛サビ猫マンチカンも悪くないなぁと思う今日この頃です。




azuki02.jpg
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

デルヘジ、セネガル、ときどきコリ [ペット]

delhezi3.jpg

二匹目のポリプテルス・デルヘジがお亡くなりになったので、また買いました。
一匹目は580円、二匹目980円、今回は1280円と順調に値上がりしています。
柄(バンド)がいい感じで1年後が楽しみです。
二匹目が7cmほどで、今回は10cmほど。
二匹目のように攻撃されないよう、今回シェルターをいくつか作りました。

senegal_albino.jpg

ついでにアルビノのポリプテルス・セネガルスも買ってみました。
水槽に入れてみると、意外と見栄えがします。
白というよりもピンクマウスのようなピンクにも見えます。
580円。8cmほどで小さいだけでなく、寸ずまり感があるので、
これがショートボディーってヤツかなんて思いながら、これも将来が楽しみです。
(後に居るのが購入して1年が過ぎた一匹目のデルヘジ君で20cmほどです。)

cory_albino.jpg

そして、半田水園の生体2000円以上で1000円引きの年賀状があったので、
値段合わせだけのために衝動的にコリドラスを買いました。
180円。

現在、水槽は60cm一個にしているくせにポリプと一緒に入れたら
間違いなく問題が起こるこんなものを買ってしまったので、
可愛そうなことに幽閉されています。
(2/17に死んでしまいました。)





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット