So-net無料ブログ作成
検索選択
その他工作 ブログトップ
前の10件 | -

夏休みの工作 回転するプラネタリウムを作ろう 5 プーリーを作ろう [その他工作]

plane07.jpg

上の子が小6の夏休みに作った回転するプラネタリウム(海洋版)←なんじゃそりゃ。
今さらながら、工作の工程を掲載。

歯車(ギア)の代わりにプーリーを作ります。

プーリーの良いところは、ギアのようにパーツの組み合わせがシビアではないので、
適当に力が逃げてしまう代わりに、無理な力がかかっても壊れにくいこと、
そして最大の良いところは、適当な作りでも動いてしまうことが挙げられます。

そして工作は、厚紙とスチロール板、輪ゴム、竹串があれば出来てしまいます。
まさに小学生の工作に打って付けです。

ダイソーのスチロール板を円に切って、それより1cm大きく作った2枚の厚紙の円で
ドラ焼きのようにはさめば、輪ゴムの外れないプーリーが出来上がります。

接着剤は100円ショップのスチロールと紙が接着できる工作用のもので十分ですが、
ふちをしっかりと接着しないと輪ゴムが入り込みます。
たっぷりと接着剤を付け、洗濯ばさみではさんだり、おもりを乗せるなどして対策をしましょう。

厚紙の円は輪ゴムが外れないようにするためについているだけなので、
厳密な円である必要性は全くありませんが、スチロール板の円はできるだけ
きれいな円を作ることが、スムーズな動きを導くことになりますので、
本来ならば、少し大きめにカットしてから、ヤスリがけして形を整えるべきです。
しかし、今回の工作では全くやっていません。画像に見る通りいびつな円です。
当時の上の子の実力ではここまでだったのでしょう。

スチロール板の直径が8cmのものから作り始め、
最終的には2cmから12cmまで作って
いろいろと組み合わせて試験することになりました。









nice!(2)  コメント(0) 

夏休みの工作 回転するプラネタリウムを作ろう 4 参考書 [その他工作]

上の子が小6の夏休みに作った回転するプラネタリウム(海洋版)←なんじゃそりゃ。
今さらながら、工作の工程を掲載。

plane06.jpg

先に掲載したベース及び、プーリーにてプラネタリウムを作るアイデアは
『モーターで遊ぼう (自由工作)』 摺本 好作著 から得ました。



amazonではおそらく絶版のために中古でドえらい値段がついていますが、
たいていの公営の図書館にあるはずです。
そしてあまり人気なく本棚の片隅に眠っています。
さきほど市内図書館で検索したところ、4冊在庫があり、1冊のみ貸し出し中でした。

plane061.jpg

この本に掲載の「好き・キライマシーン」が発想の元になっています。
歯車を作るのは大変難しいのですが、
プーリーならば家庭にあるものプラス100円ショップで手に入るもので
作ることが出来ることをこの本で知りました。




nice!(3)  コメント(0) 

夏休みの工作 回転するプラネタリウムを作ろう 3 ベースを作ろう [その他工作]

上の子が小6の夏休みに作った回転するプラネタリウム(海洋版)←なんじゃそりゃ。
今さらながら、工作の工程を掲載。

plane05.jpg

まずはベースを作ります。
17cmx17cm の正方形に手元にあった4mm厚のベニアを切り出しました。
電動ノコギリの作業は危険なので私が行いました。

最初にキレイにカットできないと子どもの士気が下がってこれからの作業が続かないだろうと
思ったからです。

plane051.jpg

4本の脚の長さは4cm。これも、手元にあった12x15mmの角材にて作り、
木工ボンドと木ネジで止めています。

plane052.jpg

モーターを取り付けるブロックは25x30mmの角材を40mmにカットしています。
40mmと奥行きがあるのはここに電池ボックスを取り付けるためです。
金具はモーター(RE-140RA)の付属品です。

プーリーを立てるための穴が2つ見えますが、
これは100円ショップの竹串を使用するので、そのサイズに合わせて3mmの穴を電動ドリルで開けています。
ちなみに奥の辺(ヘン)から40mm、右の辺から65mmの位置と
左の辺から40mm、手前の辺から45mmの位置に開けています。

穴の位置は、プーリーの大きさと実際の動きをみて決めていくしかないので、
失敗したら、また開ければいいです。

この後に3つ穴を開けるのですが、1つは開けっ放しのまま完全放棄しました。




nice!(2)  コメント(0) 

夏休みの工作 回転するプラネタリウムを作ろう 2 分解してみよう [その他工作]

上の子が小6の夏休みに作った回転するプラネタリウム(海洋版)←なんじゃそりゃ。
今さらながら、工作の工程を掲載。

工作の前に、まずはおもちゃのプラネタリウムを少し分解して仕組みを見てみます。

おおよそ、たくさんのギアの組み合わせで
モーターの回転数を目的のスローテンポまで落としているに違いない
と想像していましたが、実際には思いのほか簡素なものでした。

plane01.jpg

回転する上部を外して裏返してみると上部裏側一杯に大きなギアがありました。
それを小さなギアが動かす仕組みになっています。

plane02.jpg

さらにその小さなギアの下にあるブラックボックス(実際にはグリーンですが)を
開けてみるとさらにギアがあって最終的にはプーリーでモーターと繋がっていました。
QC02と書かれたシールの下は電池ボックスです。
モーターと昔なつかしい豆電球に電気を供給しています。

plane03.jpg

なるほど、とにかくモーターの回転を落とし、
ゆったりとした動きを作り出す為の一生懸命な仕組みが組み込まれているのだな、
こんなんどうやって作るればいいんだ?
と途方にくれながら、とりあえずネコとプラネタリウムをひたすら眺め続けるわけです。

plane00.jpg




nice!(4)  コメント(0) 

夏休みの工作 回転するプラネタリウムを作ろう 1 [その他工作]

上の子が小6の夏休みに作った回転するプラネタリウム
「海のプラネタリウム」なんて名前で星の変わりにクジラやイルカ
部屋の天井から壁を回転して泳ぎます。

そもそも惑星(プラネット)でもないんだからプラネタリウムでもないんですが、
そこは子どもイメージ重視で。

監督:お父さん 選手:上の子 です。

ゆっくり動く仕組み、スムーズに動く仕組みなど問題はオールクリアで100点...
とは行きませんでしたが、市の科学展で優秀賞をいただきました。

市販のギアボックスなどを使用せず、
仕組みを考えてプーリーを自作するなどし、
苦労の後がうかがえたことを評価していただけたのだろうと思います。

意外とネット上にも、回転するプラネタリウムの作り方なんてのは
載っていないので夏休みの工作の参考にでもなればと思います。

plane425.jpg

基本はこんな感じになるわけです。


プラ板キーホルダー 試作 2 [その他工作]

plaban.jpg

プラスチックの板が熱で収縮する性質を利用して作るキーホルダー
の試作です。

加熱はオーブントースターを使用します。
プラ板は100円ショップのものです。

今まで気にしていなかったのですが、
プラバンは伸縮方向があるらしく、
どちらかに激しく、もう一方にゆるく縮むそうです。
タテに激しく縮めば、ヨコにはゆるく縮むということです。

左側の上下のシーラカンスは全く同じ大きさから縮んだものですが、
縦横の取り方を90度変えて試してみたものです。

言わなければ誰も同じ大きさの物だったとは気付かないでしょう。

プラバンを熱するためのオーブントースターは、開けっ放しで使うことを本で初めて知りました。

ザリガニと下側の丸っこいシーラカンスは色鉛筆で色を塗っています。
紙やすりで表面を荒すことによって色鉛筆が乗るらしいのです。
びっくりしました。

グラデーション塗装も思いのまま(かどうかは分かりませんが、)出来るわけです。
すごいですね~。
いろいろ出来そうですが、アイディアは浮かびません。







スイッチ付きの電池ボックスを安く手に入れる [その他工作]

夏休み中はスイッチ付きの電池ボックスは良く売れます。

子供たちの夏休みの工作で必要だからでしょう。
おそらく近所で一番安いだろうと思われるジョーシンのキッズランドでは、
『単三電池の電池ボックス』は8月中に3回寄って、2回は在庫がありませんでした。

しかも270円(だったかな?)で、スイッチのバーを横に倒すだけと単純な仕組みの割りに結構高い。
そんなに払うくらいなら、自分で厚紙とアルミホイルで作ったろうかとも思いましたが、
作るとなると結構面倒ですし、強度の問題もあります。

そこで100円ショップを回って、セリアの電池ボックス付きのLED照明を買ってきました。

box1.jpg

似たような商品はダイソーにもありますが、
セリアの商品はボックスが透明で中身が分かりやすかったので、
分解にも向いていると判断しました。

box2.jpg

無理やり中仕切りのようなパーツを外しました。
(マイナスドライバーでこじ開けました。)

box3.jpg

こちらの拡大写真の赤丸部分のパーツが、LED用の抵抗で、
電球をつけたり、モーターを動かしたりしたい場合は不要なので、
ニッパーなどで切り取って、リード線に置き換えてしまいます。

box4.jpg

これで、スライドスイッチ付きの電池ボックスの出来上がりです。
パーツをバラバラに購入しても108円ではとてもムリですので、
おそらくこれが最安で、手っ取り早いと思うのです。

9月の今ごろ公開されても、遅いわって感じですが、
来年の夏休みの工作にはぜひどうぞ。








換気扇カバーを作る2 [その他工作]

kankisen20.jpg

パーツを切り出したもののプラダン(プラスチック製のダンボール)が
太陽光に対して、耐久性が低いことが分かりました。

どうやらボソボソになってしまうらしい。
そう言えばおおよそのプラスチックは、確かに太陽光には弱く、
知らぬ間に割れたりしますね。

素材が薄く風などに対する強度が期待できないこともあり、
100円ショップで何か使えそうなプラスチックの容器を探しました。
無理やり適当なところで妥協するしかないですが、それなりのものを見つけました。
A4サイズの書類などを仕分けるトレイって言うんでしょうか。

それに先ほど切り抜いた換気扇カバー(1)の側面部分を切り取って
サイズ合わせして針金で留めました。
トレイ側の側面のネット状の穴が役に立ちました。

もちろん、これもプラスチックでしょうから、
日光には弱いはず。
そこで、やはり100円ショップのアルミテープを後から貼り付けましょう。


kankisen21.jpg

もともとある鉄格子がはまるように、プラダンに穴を空けています。
プラダン同士は100円ショップのポリプロピレン用の接着剤でしっかりと留まりました。
ホットボンドは一瞬固定できますが、
ちょっとした震動、衝撃などで端からベリベリと剥がれてきました。


kankisen22.jpg

アルミテープを貼りましたので、
これでしばらく大丈夫でしょう。

プラダン 200円ほど
プラスチックトレイ、ポリプロピレン用接着剤、アルミテープ各108円。
安く上がりました。




換気扇カバーを作る1 [その他工作]

pladan.jpg

ずっと気になっていたプラダン。

つまりは、プラスチック製のダンボール
安いの(タタミ一畳サイズで200円前後)と、
カッターやハサミで加工ができるのが、すばらしい。
(もちろん水濡れにも強い!!)

pladan2.jpg

一応は換気扇のサイズを計って方眼紙に設計図を起こしましたが、

pladan3.jpg

なぜか片側を1cm計り間違ってしまいました。
これは木材を切るときも良くあったので、今では慣れっこです。

ただ、素材がポリプロピレンということで、これはなかなか接着加工がしにくい素材なんですねぇ。

ハトメのようなもので留めるか、ホットボンドで留めるか、専用接着剤を買ってくるか、
買ってきてそれが本当に耐久性のあるものなのか、そこが問題です。


換気扇をつける [その他工作]

kankisen.jpg

ガレージの窓に、窓用の換気扇を付けました。
最初窓の右側に取り付けたのですが、
左側への取り付けが推奨とネットのあちこちで見かけたので、
セットし直しました。

(おそらく防犯上の理由かと思われますが、よく理解していません)

kankisen2.jpg

さて、換気扇を付けると、
ファンの動きが安定するように外側に換気扇カバーが必要になるわけです。

これは適当なものを作ろうと思います。


前の10件 | - その他工作 ブログトップ