So-net無料ブログ作成

桑田佳祐 君への手紙 [音楽]



「君への手紙」です。
こういう曲をポンポンポンと、書くんですよね。
この人は。

トリプルA面シングルなんて商業的利益を全く無視した恐ろしいモノを出したときには
山下達郎に「あんた、何やってんの」=「あんたバカなのか」みたいなことを言われたとか、
言われてないとか。

きっとあふれてくるんでしょうね。メロディーが。
枯れることなく。
それでもって、この詞が書けて、この声です。
三拍子そろっています。

ふざけていて、それでいて真面目で、
並ぶ者が思いつきません。

この曲で「エンヤートット」とか入れるか 普通?

すごいオッサンとしか言いようがない。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

秋の気配 オフコース [音楽]



「あなたが僕から離れて行く」
って曲はたくさんあるけれども

「僕があなたから離れて行く」
というのは実際にはあることなのだけれども
歌にされるとショッキングだ。

最近ラジオで良くかかると思っていたら、
「秋の気配」ってタイトルなのね。

「僕があなたから離れて行く」 と2回繰り返しているのは
『大事なことだから、2回言いました』であって、
メロディー埋めの手法ではありません、ね、直太朗。





あれがあなたの 好きな場所
港が見下ろせる 小高い公園

あなたの声が 小さくなる
僕は黙って 外を見てる

目を閉じて 息をとめて
さかのぼる ほんのひととき

こんなことは 今までなかった
僕があなたから 離れてゆく
僕があなたから 離れていく

たそがれは 風を止めて
ちぎれた雲はまた ひとつになる

あの歌だけは 他の誰にも
歌わないでね ただそれだけ

大いなる 河のように
時は流れ 戻るすべもない

こんなことは 今までなかった
別れの言葉を 探している
別れの言葉を 探している

ああ 嘘でもいいから 微笑むふりをして

僕のせいいっぱいの やさしさを
あなたは受け止める はずもない

こんなことは 今までなかった
僕があなたから 離れてゆく

こんなことは 今までなかった
僕があなたから 離れてゆく

森山直太朗 - どこもかしこも駐車場 [音楽]



木曽川イオンのミニライブで初めて直太朗を見た。
あの店であんなに人が集まっているのを今まで見たことがなかった。
直太朗は、若者から年寄りまで本当にファン層が広い。
完全に人に好かれるタイプの人間なんだよね。
それでもってうんこの歌だったり、駐車場の歌だったり
とても自由な人なんだよ。 ホント素晴らしい。
ああいう人間になりたい。

なじみの古い建物がなくなった後に、
何が出来るのかなと待っているとやっぱり駐車場。

結局、ノープランなんだなぁ。
他に儲ける方法もないんだな、
やっぱり景気回復してないんじゃないの?なんて思う今日この頃。

東京もそうなんですか、直太朗さん?

強烈に「どこもかしこも駐車場だ」を繰り返すこの歌詞のインパクト。


歌詞で同じ言葉を繰り返す手法は、以下の場合に用いられると考えられます。

1 大事なことを強調するため

 大事なことなので2回言いました、というヤツです。

2 歌詞が浮かばないため

 歌詞が浮かばず、とりあえず、前文と同じにしてみたら、
 異なるメロディーに乗って、おもしろい効果が生まれた。

3 デモテープの仮歌のインパクトが強すぎてそのまま採用

 曲が先に出来たため、そのメロディーを人に聞かせるために
 適当に言葉をつけて仮りで歌った(録音した)のが裏方に大うけ。
 もうこのまま出しちゃえ。



直太朗の場合はたぶん 3 だ!
そういう男だ!(結構好き。)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フジファブリック - 若者のすべて [音楽]



この淡々とした感じがクセになる。

ピアノの使い方がうまい。
と、思ったて聞いていたら、全体のアレンジもすごくうまくまとめてるんだなぁ。

「最後の花火」という歌詞が強烈なんだなぁ。



ついでに、相当原曲にひきずられているBank Band によるカバーです。
ほぼコピーと言ったほうがいいでしょう。
それほどに、いじりようがないほど原曲の出来がいいということでしょうね。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

みなと / スピッツ [音楽]



ここにきてスピッツが最高傑作を作ってしまいました。

王道のスピッツサウンドで、今どき温泉エコーばりばりで。

これだけセピアとモノトーンの世界の似合うアーティストは
ちょっと他に見当たらない。
     (ああ...、ブライアン・フェリーがおりましたなあ)

「ユニバース」と「寂びたみなと」の両方が共存するスピッツの世界。
「さぁびぃた み~な~とで~」とメロディーと歌詞の融合具合がすばらしい。

いつもチャートの1位を走っているわけではないし、
新しいこともやってはいないけれども、
昔と変わらないスピッツを聞くと、何か安心したりする。

同じところで待っていてくれたようで。





思い出しついでにブライアン・フェリー。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ONE OK ROCK - Cry out [音楽]



声がかっこいい。歌い方が日本人離れしてかっこいい。曲がかっこいい。

さすが森進一と森昌子の血を受け継いでいるだけのことはある。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

anderlust  『帰り道』 [音楽]



anderlust 『帰り道』。

MY LITTLE LOVER が新曲出したのかと思いました。

歌い方、声、曲のイメージもそっくり。

って思ったら、小林武史プロデュースかよ。

この子に別れた妻の若い頃の面影を見つけた     って感じでしょうか。 



追記
 と、思ったら、二人の娘だったと知って、二度びっくり。
そりゃあ、似てるわけだ。

で、さらにもう一人の雰囲気のある楽曲を歌っている子もも娘だと聞いて三度びっくり。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

花岡なつみ「Birthdays」 [音楽]



宇徳敬子、解散したRYTHEM(英単語のリズムは rhythm )の流れを受け継いだような曲調と歌い方。

すっきりと澄み切っていて、聞き流すのにとてもよろしい。

これは、ほめ言葉なのである。





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

back number ハイスクールガール [音楽]



最近、クリスマスソングで注目されているback number 。
個人的に一番のおすすめ曲は『光の街』。
残念ながらyoutubeではコピーやカラオケしか見つかりませんので、
興味のある方は元音源(CD)を聞いてみて下さい。
キミがいるだけで、街が輝いて見える。キミにはどう見えてるんだろう。って曲です。

日曜の午後、仕事中youtube掛けっぱなしで見つけた、
このインディーズ時代の曲、ハイスクールガールも捨てがたい。

「キミがいないとたぶん死んじゃうんだよ」
こういうバカみたいに素直なフレーズ、サッと出してしまうのがすごいと思うのです。
恋愛感がとても青いんですが、それが純粋で、非常によろしい。




youtubeへの露出はかなり絞っているようですが、
こうやってしっかりしたカバー曲を聞くと、
曲自体のクオリティーが高いことが、良く分かるのです。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

10cc - I m Not In Love [音楽]





なんだか仕事が忙しく、23時前には決して家に帰れない日々が続いています。
ラジオと友達です。
先週、この曲を2回耳にしました。

10cc の『 I’m Not In Love 』です。
雰囲気があるというか、非常に空気感のある曲です。

音で出来た透明なトンネル(チューブ)が自分を吸い込むように
迫ってくるような感じがするのです。(意味不明)

シンセサイザーで音がどんな風にでも自由自在に加工できる現在とは違い、
あの時代にこのサウンドを作るのは大変だっただろうと思います。

ゴドレイ&クレームのリミックスアルバムかなんかで聞いたこの曲は
後々の技術でさらにブラッシュアップされていて、ホント、深いのです。

秋の夜長に聞きたくなる曲です。
じゃ、帰ります。(まだ会社です)←会社でブログ書くな!




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽