So-net無料ブログ作成
検索選択

小次郎死す (ポリプテルスですけどね) [ペット]

nimo.jpg

26日、昼前に小次郎(コジロウ)が水槽の底に沈んでいるのを発見した。
(小次郎はポリプテルス・セネガルスというお魚です。)

体は曲がり完全に死後硬直していた。

実はしばらく前から、小次郎は誰かに体の一部をかじられており
その部分が異常に腫れあがり、白い魚肉も露出していた。

この状態でも生きていられるものなのかと
痛々しく感じていた。

小次郎は、タンクメイト(水槽の仲間)に武蔵がいること、
長老であること、水槽の中のポリプテルスの中で一番小さいことから
改名された。

改名する前はタツという名前だった。
片ヒレがすぐ欠けるので愛称はニモ。
タツからコジロウに改名したけど、愛称はニモというややこしい魚。

小さいのは、長い間40cm水槽で飼育されていたからで、
シリケンイモリのタンクメイトとして180円で2012年の1月8日にやってきた。

5年3ヶ月ほど我が家の台所当番をしていたことになる。
その間に他の魚達は皆入れ替わり、彼のやってきたことを覚えている魚はいない。

ポリプテルスにもいろいろと種類があって、
我が家ではセネガルス(小次郎)とデルヘジ(大和と武蔵)とエンドリケリ(源次郎信繁=幸村)が同居している。

デルヘジの大和(ヤマト)と武蔵(ムサシ)はおとなしい気がするので、
小次郎を傷つけた犯人はエンドリケリの源次郎信繁(幸村)が
怪しいと勝手ににらんでいるが、証拠はない。

小次郎が武蔵にやられたのであれば、史実通りだが、
デルヘジよりもエンドリケリのほうが気が荒いとモノの本には書かれている。

ちなみ源次郎は昨年1月11日にやってきた。
名前はその年の大河ドラマ「真田丸」にちなんでいる。
しかし、幸村感も、堺雅人感も全くない。


画像は2014年7月2日のもの。
右のヒレがやっぱりないニモ状態。

小次郎は我が家の試験的で挑戦的な水槽レイアウトに
5年間付き合って生き延びてきたので、
魚と言えども、やはり少しさみしいものだ。

ご冥福をお祈りする。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ひつじのショーン展も行ってきた [関係ない話]

shawn.jpg

名古屋の松坂屋で行われているひつじのショーン展にも
家族と合流して行って来ました。

実際の撮影セットがいくつもあり、
たいへん見ごたえのある展示でした。

名前はひつじのショーン展とは言え、半分はウォレスとグルミットの展示です。

人形のセットとは言え、一軒家ステージはかなりの大きさです。
レストランなどは本当に大きい。

建物は木材でしっかりと建てられており、
これは趣味では出来ないな、
給料出てないと出来ないなとふと思ったりしました。

人形はレジン製と書かれていた気がします。
レジンというと硬いイメージがありますが
レジン=樹脂ですから、実は硬いとは限らず、どのような素材かは特定できません。

ひつじのショーンもしくはウォレスとグルミットが好きな人は
見て損のないイベントです。(今週末で終わりですけど)
松坂屋かパルコのクレジットカードがあると、
本人は半額になるということを知らなかったの持って行かなかった。
残念。

それから、やっぱりこっちも記念撮影場所以外は撮影禁止。

おみやげ売り場は会場外にありますので、
そちらを見てから興味があったら入場するなんてことも可能です。


スターウォーズ展に行ってきた [関係ない話]

sw exh.jpg

2日の日曜日に名古屋城にスターウォーズ展を見に行って来ました。

様々なアーティストのSWをイメージする絵画が
メインなのかもしれませんが、そんなものに興味はありません。
私がどうしても見たかったのは、映画で実際に使用された小道具とかコスチュームとかだけなのです。

ダースベイダーの3分割されたヘルメット
ダースベイダー
ストームトルーパー
C-3PO
R2-D2
オビ・ワン・ケノービの衣装
ハン・ソロの衣装
ハンドガンの類などのプロップ
なんかが展示されていました。

ヨーダやボバ・フェットは「レプリカ」と書かれていましたが、
レプリカと名乗るのもどうかと思うほどのものでした。


今週末で終わるので、きっともう混雑は避けられないだろうとは思うのですが
午前中がおすすめです。

なんとか13時前に名古屋城にたどり着き、2Fの会場まで階段で
おそらく10~15分くらい並んだのですが
見終わって出てきたころには入場の列がズラズラッと並んでいました。
きっと私の倍以上の時間待たされるのだろうと想像しました。

入場料1800円はやっぱり高いのですが、それでも結構見たい人いるんだなぁと思いました。
逆に言えば、安かったらどれほど混雑するでしょう。

ストームトルーパーの両ホオのスリットは全くモールドがなくて完全にシールなのか、とか
肩の上のタスキは前身と一体になってるのか、
バキュームフォーム加工で出来ているだけあって、全体的にモールドがダルい、
肩の装甲が古くなったせいかひどく内側にカールしてるなあ、とか
そんなことを考えながらコスチュームの前でたった一人、
誰の目も気にせず、たたずむことが出来る人にはおすすめです。

残念ながら会場内、写真は全く取れません。

おみやげ売り場と、ベイダーとトルーパー(ストーム及びデス)を背景に記念撮影する場所は
会場外にあるので、城の入場料だけでOKです。


あとは完全に個人的なメモです。

1/6スケールのフィギュアを使用したジオラマ。
マーミット社から出ていたサンド・トルーパーなんかもいたな。
トーントーンのプロップモデル
ビークル(乗り物)系は
バンダイのプラモデルなんかも電飾して飾ってありました。
どろぼうひげ(電飾プラモでラー)さんの作品らしい。


画像は記念撮影の場所に飾られていたベイダーさんたち。
あとは撮影禁止。

sw exh1.jpg

これも記念撮影用のデス・トルーパー。
やっぱり関節部分はプラモデル同様、間延びしていますね。
中の人がでかいってことですね。



トルーパーを並べてみた [プラモデル]

death-tro3.jpg
意外にも、ちょっと気に入ったデス・トルーパー。
その頭を粘土のおっさんの頭に交換してみました。

おお、なんだかヒットマンみたいだ。
ちょっとかっこよくないか? この人。

troopers_all.jpg

今までに粘土でこねた頭部を乗せて戦隊のように並べてみました。
ザ・トルーパーズです。一匹、ボスが混じっています。
5体も並べると、一体一体のポーズがおろそかになってしまいます。
面倒です。

いつも思うのですが、このトルーパーの装甲は何の意味があるのでしょうか。
打たれれば一発で倒れるわけです。
生身の人間と変わらないような気がします。
映像を見る限りではショッカーの戦闘員よりも弱く見えます。

全く役に立っていない。全く身を守っていない。
もしかして装甲ではなくて、ユニフォーム?


 





デス・トルーパー組んでみた [プラモデル]

death-tro.jpg

バンダイ プラモデル 1/12 デス・トルーパーを組んでみました。
銃のみオレンジシールを貼っています。それ以外は塗装もしていません。
完全素組み状態です。

あまり興味がなかったので、2000円より安くなったら買おうと決めていました。
で、下がったので、買いました。

レビューのような細かいことは抜きにして、
現物は写真よりも『いいもの』でした。

写真に撮るととにかく手足のシルエットが細いのが気になるのですが、
手に取ると、それほど気になるものではありません。

ストーム・トルーパーよりも長身なシルエットは
関節部分を間延びさせて再現しています。
ひじ部分の間接はなんだかタカアシガニのようです。

装甲部分はほとんどストームトルーパーと同じ大きさです。
目(ゴーグル)部分はクリアグリーンのパーツですが、
組み立てると全く分かりません。なんだかもったいないです。



death-tro2.jpg

装備を外し、左ほほ、胸、腹の一部、背中(下側)のパーツを交換することにより
スペシャリストじゃない一般兵も再現可能です。
ですが、実際には部品交換は簡単ではなく、
本来は「どちらかを選んで組み立てる」キットです。

したがって画像も胸部も背面も交換していません。

結局、わりと気に入ってしまい、もう一個買いました。
でもショア・トルーパーはいらん。(今のところ)


 

ヤフオク システム利用料など再確認してみる [関係ない話]

ヤフーオークションは以前は全て無料だったんですけどね~。

他社のオークションよりも浸透して、皆いなくなって一人勝ちしたかと思ったら
有料に切替、その後もサービス向上のためという理由で
月額利用料もじわじわと上げています。

気が付けば、放っておいても月額500円ほどが自動的に徴収されるシステムになっていました。
まあ無料で開放しろというほうが無理難題なのは分かりますし、
今のところ、やっぱりここが一番にぎわっているんですねぇ。

ひどくややこしい徴収システムになってしまったので、
もう一度再認識、確認する意味でも(自分のために)まとめてみました。

以下、金額は全て税込みにて表記しています。


入札落札 無料
中古車新車、オートバイ車体、トラック車体、バス車体、

不動産などは手数料がかかる)

出品

出品月額使用料
プレミアム会員費 498円 (税込)オークション出品(入札制)する場合必要
Yahoo!かんたん決済の設定が必須(2017年2月1日(水)以降)
Yahoo!かんたん決済=落札者に口座番号を知らせることなく代金受取、決済手数料が無料

出品システム利用料 0円←以前は10円+消費税 (中古車・新車などの一部カ

テゴリ以外)
 出品システム利用料、オプション利用料は月末完了分を当月分として計算

●フリマ出品
(定額商品の出品機能)のみの場合は無料
フリマ出品の落札システム利用料 プレミアム会員 8.64% 会員以外 10%=メルカリと同じ(らしい)
●オークション出品の落札システム使用料 
送料無料の場合 8.64%(中古車・新車などの一部カテゴリ以外)

送料有料の場合 625円以上: 8.64%
        624円以下: 一律54円(625円での落札時と同額負担)
ただし
・本、雑誌
・コミック、アニメグッズ
・おもちゃ、ゲーム > ゲーム
・おもちゃ、ゲーム > 食玩、おまけ
・アンティーク、コレクション > トレーディングカード
・アンティーク、コレクション > 切手、官製はがき
・音楽 > CD
・ファッション > キッズベビーファッション
・ホビー、カルチャー > ハンドクラフト、手工芸
などもともと安価な商品については、624円以下のオークションの場合も落札価格の8.64%

落札者がキャンセルしたなど、実際に取引ができなかった場合は、
落札システム利用料が確定する前に落札者を削除すること。
削除しないまま確定すると、取引の有無に関係なく
落札システム利用料がかかる。(落札システム利用料等 計算期間 前月16日~当月15日)
→確定が月末なので少なくとも削除処理猶予は半月ほどある
プレ会員費引落日: 月末確定 翌月請求 毎月26日(休日の場合は翌営業日)

出品取消システム利用料
1出品あたり540円(税込) 入札があるオークションを取り消す場合
(入札のないオークションを取り消す場合はかからない)

2017年3月16日(木)午前0時00分以降に終了したオークションより変更される事項
①商品代金(落札価格と送料の総額)から落札システム利用料(落札価格の

 8.64%(税込))を差し引いた金額がYahoo!かんたん決済受取口座に振込み

②落札金額が624円以下で送料有料の場合も、落札システム利用料 8.64%に変更


ストームトルーパー サムライバージョン [プラモデル]

samurai05.jpg

粘土工作のカテゴリーで作った頭部を
バンダイの 1/12 ストームトルーパーに乗せるとこんな感じです。

手に持っているのは食玩エフトイズ「名刀百華」の1/8スケールの刀です。
ちょっと名の知れた「和泉守兼定」だそうです。
ホビーオフでバラ買いしてきました。
握りこぶしに適当に穴を開けて、刀を持てるようにしています。
鍔(つば)を作ってやらないと、見た目が寂しいばかりか、
本物ならば自分の手が切れてしまいます。

samurai08.jpg

左手は握り手が付属していないので、とりあえず平手で代用。

上の子には「ポニーテールのただのおっさんやん」と言われました。



ストームトルーパー用 侍風頭部 3 [粘土工作]

samurai04.jpg

年が明けて、友人に会って、スターウォーズ ローグ・ワンをすでに観たなんて話を聞いて
なんだか無性に観たくなって、平日のレイトショーで観た結果がこれです。

出てきた座頭市キャラの影響で、サムライの頭部をMr.クレイをこねて削って作っています。
何とか形になって、早く完成させたい一心で表面仕上げとか細かいことは無視して塗装してしまいました。

水性アクリジョンで下塗りした後
アクリルガッシュで重ね塗り。
点で色を置いて置く感じでペタペタ。
さらに指でこすって色をなじませて。
ヒタイに三つ、そして左マブタと鼻の下にそれぞれ一つ、小さな穴が開いていることに写真を撮って気が付きました。
このくらいならばアクリル絵の具で埋められます。
ちょっと劇画調に濃淡を付けすぎたかもしれません。

samurai09_front.jpg

今回は初挑戦で、目を描いてみました。
ぼんやり描いています。手探りです。
まあ、頭も20mmくらいの大きさのものなので、
とりあえずは、こんなもんで。

samurai09_right.jpg

最初、『一二の三四郎』のような目になってしまい、
何がいかんのだろうかと悩んだ結果、
瞳は上まぶたには接触させても下まぶたには接触させないほうが良さそうだと分かりました。
そして瞳は真っ黒に塗ったところ、全体から浮き出した感じがしたので、
解決するためにこげ茶に塗り、瞳のふちの部分だけ黒が残るようにしてみました。

本当は極細筆を使うべきなのだろうと思いながら、これでいいか、
もう少しいじってみるか、そんなことを考えながらも、とりあえずは形になっているような、いないような。










ストームトルーパー用 侍風頭部 2 [粘土工作]

samurai03-5.jpg

年が明けて、友人に会って、スターウォーズ ローグ・ワンをすでに観たなんて話を聞いて
なんだか無性に観たくなって、平日のレイトショーで観た結果がこれです。

出てきた座頭市キャラの影響で、サムライの頭部をMr.クレイをこねて削って作っています。
何とか形になって、早く完成させたい一心で表面仕上げとか細かいことは無視して塗装に進みます。

いつも出たとこ勝負で塗装をするので、前回どんな工程で塗ったかも
よく覚えていないので、今回はデータを少し残しておきます。

水性アクリジョンで下塗りしました。
使ったのは画像の2色。

肌の下地にペールグリーンを塗るといいとか、血管の赤みを出す為に赤でまだらに塗ったらいいとか
いろいろ聞いたりしますが、とりあえず、定番っぽい下地作りをしました。

日本人なんで、黄色っぽさを出したほうがいいし、
赤みを押さえよう、なんてことはちらっと考えていたりはします。




ストームトルーパー用 侍風頭部 1 [粘土工作]

samurai03.jpg

年が明けて、友人に会って、スターウォーズ ローグ・ワンをすでに観たなんて話を聞いて
なんだか無性に観たくなって、平日のレイトショーで観た結果がこれです。

samurai02.jpg

小さくて白くてなかなかピントが合っていません。
出てきた座頭市キャラの影響で、サムライの頭部をMr.クレイをこねて削って作っています。
この粘土は軽石のような感じでサクサク削れます。
また軽いので頭のように一番上に乗るようなものの工作に向いている気がします。

samurai01.jpg

近藤勇を細身にした感じ、もしくはルパンⅢ世の石川五右衛門のイメージで作りました。

問題はいつも「塗り」なんですけどね。