So-net無料ブログ作成

夏休みの工作 回転するプラネタリウムを作ろう 2 分解してみよう [その他工作]

上の子が小6の夏休みに作った回転するプラネタリウム(海洋版)←なんじゃそりゃ。
今さらながら、工作の工程を掲載。

工作の前に、まずはおもちゃのプラネタリウムを少し分解して仕組みを見てみます。

おおよそ、たくさんのギアの組み合わせで
モーターの回転数を目的のスローテンポまで落としているに違いない
と想像していましたが、実際には思いのほか簡素なものでした。

plane01.jpg

回転する上部を外して裏返してみると上部裏側一杯に大きなギアがありました。
それを小さなギアが動かす仕組みになっています。

plane02.jpg

さらにその小さなギアの下にあるブラックボックス(実際にはグリーンですが)を
開けてみるとさらにギアがあって最終的にはプーリーでモーターと繋がっていました。
QC02と書かれたシールの下は電池ボックスです。
モーターと昔なつかしい豆電球に電気を供給しています。

plane03.jpg

なるほど、とにかくモーターの回転を落とし、
ゆったりとした動きを作り出す為の一生懸命な仕組みが組み込まれているのだな、
こんなんどうやって作るればいいんだ?
と途方にくれながら、とりあえずネコとプラネタリウムをひたすら眺め続けるわけです。

plane00.jpg




nice!(4)  コメント(0) 

夏休みの工作 回転するプラネタリウムを作ろう 1 [その他工作]

上の子が小6の夏休みに作った回転するプラネタリウム。
「海のプラネタリウム」なんて名前で星の変わりにクジラやイルカが
部屋の天井から壁を回転して泳ぎます。

そもそも惑星(プラネット)でもないんだからプラネタリウムでもないんですが、
そこは子どものイメージ重視で。

監督:お父さん 選手:上の子 です。

ゆっくり動く仕組み、スムーズに動く仕組みなど問題はオールクリアで100点...
とは行きませんでしたが、市の科学展で優秀賞をいただきました。

市販のギアボックスなどを使用せず、
仕組みを考えてプーリーを自作するなどし、
苦労の後がうかがえたことを評価していただけたのだろうと思います。

意外とネット上にも、回転するプラネタリウムの作り方なんてのは
載っていないので夏休みの工作の参考にでもなればと思います。

plane425.jpg

基本はこんな感じになるわけです。


河童のガジロウ プラモデル [プラモデル]

kappa01.jpg

福崎町観光協会 福崎町妖怪プラモデルNo.1 河童のガジロウ NONスケール プラモデルです。
観光協会が企画販売しているところがすごいのです。

緑ではなく、赤い河童です。
最近少し話題になっている実際に地元の池に設置されているあの河童ガジロウです。
怖がりな子供が見たらトラウマになりそうです。
上の子はこのパッケージを見たらしく、こっそり自分の視界に入らないところに置き直したようです。

プラモデルと言えども、国内のプラモデルのようなスチロール樹脂ではなく、ABS樹脂製です。
したがって通常のプラモデル用接着剤ではなく、ABS樹脂用の接着剤が必要です。
とは言え、接着剤はホビーショップやホームセンターで200円もあれば入手可能です。

kappa04.jpg

画像の右側、背の高いほうの接着剤を使いましょう。
換気に十分配慮して使用しましょう。
臭いので一晩外に干しておいてやりました。

パーツは基本的にはモナカ割で前後左右を接着するような形になっており、
脚さえも内側と外側が別パーツになっているのには驚きました。

kappa03.jpg

バンダイのガンプラよりも、タミヤの1/35スケールの兵隊さんに近い作りのため、
パーツ同士は目分量で位置を合わせることになります。
接続用のピンなどはありません。

kappa02.jpg

パッケージ裏側の画像を頼りにパーツの番号を拾って組み立てます。
組立て説明書などは入っておりません。

ベース(台座) → 胴体 → 脚 → 腕 → 頭(口中は先に塗装) → 甲羅 → 頭の皿 → 髪の毛
例えば、こんな順番でバランスを見ながら接着していく必要があります。

kappa05.jpg
kappa06.jpg

ベースになる基本色は組みながら塗っていかないと髪の裏側など完成後には手を入れられない部分があります。

接着するパーツ同士の位置の決めにくさと、
接着、加工、塗装がしにくいABS樹脂製であることが難点ですが、組み上がるガジロウの姿は最高です。
四方八方からしばらく眺めていたくなります。

kappa07.jpg

とりあえず、ABSが塗料の浸透で割れることがあるという情報から、
おそらく水性アクリル系が無難だろうということで
GSIクレオスの水性アクリジョンのブラック+フラットベースで
一通り筆塗りしてみました。

kappa08.jpg

意外とパーツの合わせ目は気になりません。
加工すべきなのは、右肩と胴体サイドと足首くらいでしょうか。

kappa09.jpg

台座にはちょこんと乗せているだけなのですが、バランスが取れて安定した感じに乗っています。
それでも飾っておくためには、最終的に接着することになるかと思います。
kappa10.jpg

シリーズNO1ということですので、シリーズ展開に期待していますが、
次は加工しやすいスチロール樹脂でお願いしたいところです。

NONスケール表記ですが、だいたい1/20~1/18くらいではないかと思います。





Is There Something I Should Know? [英語と音楽]



先日、something の話をちらっとしたわけですが、
少し補足を。

something 「何か」 は通常、疑問文・否定文ではanything に変わるのですが、
「特別な何か」「何かいい感じのモノ」を指すときには something のまま用いられます。

Is there something I should know?
「ボクが知るべき(特別な)モノってあるの?」
→「ボクが知るべきことなんてあるの?」のほうが、より日本語らしいですね。

余談ながら当時の日本語タイトルはサビで繰り返される
Please please tell me now
「どうか、どうかボクに今教えて。」
でした。
確かに曲中、こっちのほうがインパクトがあるし、日本人には分かりやすいかも。

歌詞はこちら。↓




余談ながら、私は学生時代、Duran Duran が好きで
高校3年の3月、受験の終わった3月に彼らのコピーで
1時間ライブをしたことがあります。
私はそのとき、背の低いジョン・テイラーでした。

対バンはブルーハーツのコピーでムチャ受けでしたが、
私達のときはお通夜状態でした。
ステージから見えるタバコの煙がお線香に見えました。





スター・ウォーズ AT-AT 1/144スケール プラモデル 本日最安値 [プラモデル]

ATAT.jpg



なぜか今日、最安値のようだったので買った。
こんなん、2500円くらいじゃないと売れ残るぞと思っていたのに、
3500円くらいで一度はamazonからも売り切れた。
それで、今回もこれが底値だろうなと思って購入した。

最安値だけど、もともとの定価がちょっと高いと思う。
食玩のファインモールド製 AT-AT が非可動ながら500円くらいだったことを考えると
やっぱり高い気がする。

それよりも少し大きいらしいし、可動するし、
商品の評価は高いようだし。
箱を開けたときに、
「これは確かにもっともな値段だな。」と思えることを期待しよう。

もしかしたら、1/12 ストームトルーパーがまたがるのに
ちょうどいい大きさかもしれないし。

明日か明後日には商品が届いて、その正体が分かるだろう。





Something Just Like This [英語と音楽]

The Chainsmokers & Coldplay Something Just Like This



just like this 「ちょうどこんな感じの」という意味です。

something just like this 「ちょうどこんな感じの何か」となります。
something は英語の中では特に重要な単語で、「何か」を表しますが、
その1語だけで「特別なもの」「重要なもの」という意味を含むこともあります。

ジーンズブランドの EDWIN の something はその意味で使われています。

また something anything everything などは形容詞が単語の後に付くという、
特別扱いとなっています。
a beautiful girl (美しい女の子)
something beautiful  (美しい何か)
a とか the のような冠詞も伴わないことに注目です。

歌の中では

I want something just like this.

「ボクはちょうどこんな感じのモノ(何か)が欲しい。」

スーパーヒーローのパワーへの憧れを歌っています。

ちなみに歌詞に出てくる gifts は「贈り物」から転じて
「神様からの贈り物」=「生まれつきの才能、特別な能力」を意味しています。





小次郎死す (ポリプテルスですけどね) [ペット]

nimo.jpg

26日、昼前に小次郎(コジロウ)が水槽の底に沈んでいるのを発見した。
(小次郎はポリプテルス・セネガルスというお魚です。)

体は曲がり完全に死後硬直していた。

実はしばらく前から、小次郎は誰かに体の一部をかじられており
その部分が異常に腫れあがり、白い魚肉も露出していた。

この状態でも生きていられるものなのかと
痛々しく感じていた。

小次郎は、タンクメイト(水槽の仲間)に武蔵がいること、
長老であること、水槽の中のポリプテルスの中で一番小さいことから
改名された。

改名する前はタツという名前だった。
片ヒレがすぐ欠けるので愛称はニモ。
タツからコジロウに改名したけど、愛称はニモというややこしい魚。

小さいのは、長い間40cm水槽で飼育されていたからで、
シリケンイモリのタンクメイトとして180円で2012年の1月8日にやってきた。

5年3ヶ月ほど我が家の台所当番をしていたことになる。
その間に他の魚達は皆入れ替わり、彼のやってきたことを覚えている魚はいない。

ポリプテルスにもいろいろと種類があって、
我が家ではセネガルス(小次郎)とデルヘジ(大和と武蔵)とエンドリケリ(源次郎信繁=幸村)が同居している。

デルヘジの大和(ヤマト)と武蔵(ムサシ)はおとなしい気がするので、
小次郎を傷つけた犯人はエンドリケリの源次郎信繁(幸村)が
怪しいと勝手ににらんでいるが、証拠はない。

小次郎が武蔵にやられたのであれば、史実通りだが、
デルヘジよりもエンドリケリのほうが気が荒いとモノの本には書かれている。

ちなみ源次郎は昨年1月11日にやってきた。
名前はその年の大河ドラマ「真田丸」にちなんでいる。
しかし、幸村感も、堺雅人感も全くない。


画像は2014年7月2日のもの。
右のヒレがやっぱりないニモ状態。

小次郎は我が家の試験的で挑戦的な水槽レイアウトに
5年間付き合って生き延びてきたので、
魚と言えども、やはり少しさみしいものだ。

ご冥福をお祈りする。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ひつじのショーン展も行ってきた [関係ない話]

shawn.jpg

名古屋の松坂屋で行われているひつじのショーン展にも
家族と合流して行って来ました。

実際の撮影セットがいくつもあり、
たいへん見ごたえのある展示でした。

名前はひつじのショーン展とは言え、半分はウォレスとグルミットの展示です。

人形のセットとは言え、一軒家のステージはかなりの大きさです。
レストランなどは本当に大きい。

建物は木材でしっかりと建てられており、
これは趣味では出来ないな、
給料出てないと出来ないなとふと思ったりしました。

人形はレジン製と書かれていた気がします。
レジンというと硬いイメージがありますが
レジン=樹脂ですから、実は硬いとは限らず、どのような素材かは特定できません。

ひつじのショーンもしくはウォレスとグルミットが好きな人は
見て損のないイベントです。(今週末で終わりですけど)
松坂屋かパルコのクレジットカードがあると、
本人は半額になるということを知らなかったの持って行かなかった。
残念。

それから、やっぱりこっちも記念撮影場所以外は撮影禁止。

おみやげ売り場は会場外にありますので、
そちらを見てから興味があったら入場するなんてことも可能です。


スターウォーズ展に行ってきた [関係ない話]

sw exh.jpg

2日の日曜日に名古屋城にスターウォーズ展を見に行って来ました。

様々なアーティストのSWをイメージする絵画が
メインなのかもしれませんが、そんなものに興味はありません。
私がどうしても見たかったのは、映画で実際に使用された小道具とかコスチュームとかだけなのです。

ダースベイダーの3分割されたヘルメット
ダースベイダー
ストームトルーパー
C-3PO
R2-D2
オビ・ワン・ケノービの衣装
ハン・ソロの衣装
ハンドガンの類などのプロップ
なんかが展示されていました。

ヨーダやボバ・フェットは「レプリカ」と書かれていましたが、
レプリカと名乗るのもどうかと思うほどのものでした。


今週末で終わるので、きっともう混雑は避けられないだろうとは思うのですが
午前中がおすすめです。

なんとか13時前に名古屋城にたどり着き、2Fの会場まで階段で
おそらく10~15分くらい並んだのですが
見終わって出てきたころには入場の列がズラズラッと並んでいました。
きっと私の倍以上の時間待たされるのだろうと想像しました。

入場料1800円はやっぱり高いのですが、それでも結構見たい人いるんだなぁと思いました。
逆に言えば、安かったらどれほど混雑するでしょう。

ストームトルーパーの両ホオのスリットは全くモールドがなくて完全にシールなのか、とか
肩の上のタスキは前身と一体になってるのか、
バキュームフォーム加工で出来ているだけあって、全体的にモールドがダルい、
肩の装甲が古くなったせいかひどく内側にカールしてるなあ、とか
そんなことを考えながらコスチュームの前でたった一人、
誰の目も気にせず、たたずむことが出来る人にはおすすめです。

残念ながら会場内、写真は全く取れません。

おみやげ売り場と、ベイダーとトルーパー(ストーム及びデス)を背景に記念撮影する場所は
会場外にあるので、城の入場料だけでOKです。


あとは完全に個人的なメモです。

1/6スケールのフィギュアを使用したジオラマ。
マーミット社から出ていたサンド・トルーパーなんかもいたな。
トーントーンのプロップモデル
ビークル(乗り物)系は
バンダイのプラモデルなんかも電飾して飾ってありました。
どろぼうひげ(電飾プラモでラー)さんの作品らしい。


画像は記念撮影の場所に飾られていたベイダーさんたち。
あとは撮影禁止。

sw exh1.jpg

これも記念撮影用のデス・トルーパー。
やっぱり関節部分はプラモデル同様、間延びしていますね。
中の人がでかいってことですね。



トルーパーを並べてみた [プラモデル]

death-tro3.jpg
意外にも、ちょっと気に入ったデス・トルーパー。
その頭を粘土のおっさんの頭に交換してみました。

おお、なんだかヒットマンみたいだ。
ちょっとかっこよくないか? この人。

troopers_all.jpg

今までに粘土でこねた頭部を乗せて戦隊のように並べてみました。
ザ・トルーパーズです。一匹、ボスが混じっています。
5体も並べると、一体一体のポーズがおろそかになってしまいます。
面倒です。

いつも思うのですが、このトルーパーの装甲は何の意味があるのでしょうか。
打たれれば一発で倒れるわけです。
生身の人間と変わらないような気がします。
映像を見る限りではショッカーの戦闘員よりも弱く見えます。

全く役に立っていない。全く身を守っていない。
もしかして装甲ではなくて、ユニフォーム?